レポート課題はそれぞれの日程ごとに書いてありますが、レポートは4週分まとめて提出してください。なお日程はあくまで目安です。
異臭がしたり、回路(電子部品)が熱くなった場合は、すぐに電源を切ってください。 また、モバイルバッテリーと電池ボックスの両方の 電池残量をチェックすること(残量が少ない場合、正常に動作しないことがある)。 2週目終わりくらいに一度充電しておくとよい

1週目

本実験で使用するロボットカーの仕組み、Raspberry Piの操作方法(特にLinux OSと、Virtual Network Computingについて)、Pythonプログラム、Arduinoプログラムについて学ぶ。

2週目

Arduinoプログラミング、特にArduinoとモータードライバによるロボットの移動制御、 超音波センサーの使い方や回転台(サーボモーター)の制御、 シリアル通信によるArduinoとRaspberry Piの通信について学ぶ、

3週目

Raspberry Piを用いてPythonプログラミング、 ウェブカメラとロボット制御との連動、衝突回避制御、物体検出、 音声合成と音声認識機能をロボットに付与する方法などについて学ぶ。

4週目

音声認識によるロボット操作、物体認識を組み込んだロボット制御など、 より高性能なロボット作成に挑戦してみよ。