レポート課題はそれぞれの日程ごとに書いてありますが、レポートは4週分まとめて提出してください。
異臭がしたり、回路(電子部品)が熱くなった場合は、すぐに電源を切ってください。 また、モバイルバッテリーもしくは電池ボックスを使用している場合は、 電池の残量をチェックすること (残量が少ない場合、正常に動作しないことがある)

1週目

Raspberry Piの機能、LinuxOSとPythonプログラム、GPIOの制御について学ぶ。
ハード的にはRaspberry Piの構造、PCとして使うための機器の接続方法、 ソフト的には Raspbian OS (Linuxの一種)の使い方、Terminalの起動、 Pythonプログラミングを学ぶ

2週目

Raspberr PiのGPIOを用いた応用について実験する。 また、DCモータによるロボットの移動制御と、WifiによるPCとRaspberry Piの 通信について学ぶ。

3週目

ウェブカメラからのビデオ配信と、ロボットの操作との連携について学ぶ。

4週目

音声認識によるロボット操作、顔認識やARマーカーの認識を組み込むなど、 より高性能なロボット作成に挑戦してみよ。