画像の幾何変換

目的

  • 並進,回転,アフィン変換といった幾何変換を学ぶ.
  • 次の関数の使い方を学ぶ: cv2.getPerspectiveTransform

変換

OpenCVは2つの変換関数cv2.warpAffinecv2.warpPerspective を提供している. cv2.warpAffine は2x3の変換行列を入力するのに対して cv2.warpPerspective は3x3の変換行列を入力とする.

スケーリング(拡大・縮小)

スケーリングは画像のサイズ変更のみを行う.この変換のために cv2.resize() 関数が用意されている.変更後の画像サイズもしくは縮尺を指定する必要がある.補間方法には複数あるが,縮小にはcv2.INTER_AREA ,拡大には cv2.INTER_CUBIC (処理が遅い) や cv2.INTER_LINEAR が適している.デフォルトnの補間方法は cv2.INTER_LINEAR である.以下に示すいずれかの方法を使ってスケーリングができる (対象画像):

In [4]:
import cv2
import numpy as np

img = cv2.imread('messi5.jpg')

res = cv2.resize(img,None,fx=2, fy=2, interpolation = cv2.INTER_CUBIC)

#OR
# height, width = img.shape[:2]
# res = cv2.resize(img,(2*width, 2*height), interpolation = cv2.INTER_CUBIC)
In [5]:
%matplotlib inline
import matplotlib.pyplot as plt
img=cv2.cvtColor(img,cv2.COLOR_BGR2RGB)
res=cv2.cvtColor(res,cv2.COLOR_BGR2RGB)
plt.figure(figsize=(15,8))
plt.subplot(1,2,1)
plt.imshow(img)
plt.subplot(1,2,2)
plt.imshow(res)
plt.show()

並進

並進は物体の位置を移動させる処理である.$(x,y)$方向への移動量が $(t_x,t_y)$ であるとすれば,この並進を表す変換行列 $\boldsymbol{M}$ は以下のようになる:

$\boldsymbol{M} = \begin{bmatrix} 1 & 0 & t_x \\ 0 & 1 & t_y \end{bmatrix}$

データ型が np.float32 のNumpyの配列に値を設定し, cv2.warpAffine(img,M,Size) 関数に与える.次の例では移動量を $(100,50)$ としている(対象画像):

In [7]:
%matplotlib inline
import cv2
import numpy as np
import matplotlib.pyplot as plt

img = cv2.imread('messi5.jpg',0)
rows,cols = img.shape

M = np.float32([[1,0,100],[0,1,50]])
dst = cv2.warpAffine(img,M,(cols,rows))

plt.figure(figsize=(15,8))
plt.subplot(1,2,1)
plt.imshow(img,cmap='gray')
plt.subplot(1,2,2)
plt.imshow(dst,cmap='gray')
plt.show()

Warning: cv2.warpAffine(img,M,Size) 関数の第3引数Sizeには出力画像のサイズを (width, height) という形式で指定しなければならない。ここでwidthは列の数,heightは行の数である.

回転

画像を $\theta$ラジアン回転させるための変換行列は次である.

$\boldsymbol{M} = \begin{bmatrix} cos\theta & -sin\theta \\ sin\theta & cos\theta \end{bmatrix}$

OpenCVが提供する回転は拡大縮小(スケーリング)も同時に行い,回転の中心位置も変更できる.回転変換を表す変換行列は以下のようになる.

$\begin{bmatrix} \alpha & \beta & (1- \alpha ) \cdot \textrm{center}.x - \beta \cdot \textrm{center}.y \\ - \beta & \alpha & \beta \cdot \textrm{center}.x + (1- \alpha ) \cdot \textrm{center}.y \end{bmatrix}$

ここで center.xcenter.yは回転中心の座標、scaleは拡大率で、$\alpha$と$\beta$は以下:

$\begin{array}{l} \alpha = scale \cdot \cos \theta , \\ \beta = scale \cdot \sin \theta \end{array}$

この変換行列を計算するために cv2.getRotationMatrix2D 関数が用意されている.次の例はスケーリングをせずに画像中心に対して90度回転する変換を行う(対象画像) :

In [8]:
%matplotlib inline
import cv2
import numpy as np
import matplotlib.pyplot as plt

img = cv2.imread('messi5.jpg',0)
rows,cols = img.shape

M = cv2.getRotationMatrix2D((cols/2,rows/2),90,1)
dst = cv2.warpAffine(img,M,(cols,rows))

plt.figure(figsize=(15,8))
plt.subplot(1,2,1)
plt.imshow(img,cmap='gray')
plt.subplot(1,2,2)
plt.imshow(dst,cmap='gray')
plt.show()