入門自然言語処理

第2章

2.1 テキストコーパスへのアクセス

2.2条件付き頻度分布

条件付き頻度分布: それぞれ異なる「条件」ごとに計算された頻度分布の集合

2.3 Python の活用:コードの再利用

  1. 関数: 特定の処理を行うためのコードブロックに名前をつけたもの。 引数という変数を用いて入力を受け取り、戻り値と呼ばれる結果を返す。
  2. モジュール: 変数や関数の定義を集めたもの
  3. パッケージ: 関連するモジュールを集めたもの
  4. ライブラリ: パッケージの集合体、NLTKがその例

2.4 語彙資源

2.5 WordNet

2.8 演習問題