このページだけ表示    元に戻す    白井の講義一覧

参考

UbuntuをWindowsで動かそう

2017年度4年生ゼミの活動

スケジュール

目標: 2017年1月のゼミにおいて小卒業研究の発表会を行う。 9月末までにテーマを決め、秋学期の12月までの間に調査、設計、製作、実験などを行い、1月の発表に備えよう。
  • 1月31日(午後): ミニ卒業研究発表会
  • 2月14日:13:00-15:00(予定): 卒業テーマを深める
    以下を学んでおくように:
  • 2月27日: 13:00-15:00 (予定)
    杉浦(FaceTracker, NeoFace)、 塚本(音声認識、Julius)、 宮井(物理Engine, Unity, 強化学習), 山本(FaceTracker, アイキャッチプリクラッシュアラーム)
  • 3月13日:13:00-15:00 (予定)
    杉浦(FaceTrackerを走らせる、その論文をよんでまとめをつくる)、 塚本(音声認識システムについてまとめる、Juliusを使って音声認識させる)、 宮井(物理Engineを実行する), 山本(FaceTrackerを走らせる、 VR/ARを用いたシミュレータを考える)
  • 3月27日:13:00-15:00 (予定)
  • 練習問題: Yoloという物体検出システムをChainerで書き換えた版についての 解説を読み、 Code(old tiny 版)を実装する (バグがある場合は自分で解決する)、さらにOpenCVを用いて、 検出結果を画面に表示させる

    春学期


    参考リンク


    パソコンにインストールを推奨(みな無料のもの)


    R

    白井ゼミでは、Rというプログラミング言語を用いて
    (1)データマイニング、(2)統計
    という二つのテーマを取り上げています。以下は今まで取り上げた本です:
    また、以下のページも参考にしてください:

    メモ

    メールの転送設定について。TeraTermを使って ssh.st.chukyo-u.ac.jp に入る。 これはLinux OSであるが気にしないように。
    cat > .forward
    \h411123,myGmailAccount@gmail.com
    Ctrl-D (コントロールキーを押している間にdを押す---UNIXでは入力の終わりを意味)
    
    アドレスはあくまでも例である。このように書くと、いくつもの宛先に転送してくれる。ただし先頭のh411123は、あなたのアカウントとする(先頭に¥を必ずつけること)--- これによりstのメールサーバに記録が残る。